Florist store opening story 花屋出店物語その2

何度か現地に行ったり通ったりしても

いい感じに思えるのも良かったのかな

コロナ禍のなかで出店なんてとんでもない!!って事も

思われる方もいると思いますが、

タイミングを逃すと二度と取り戻せないので

ここは自分の持っている運を信じて突き進みます(笑)

では次はどうするのか?

やらなくてはならないことは資金調達ですね

前回プントを出店して時は「国民金融公庫」さんに融資をお願いしました。

今回は信用金庫さんに行って制度融資をお願いしました。

手続きは少し多そうですが金利がとても安いです。

申込みの前に相談に行き確定申告とか事業計画書的なものを製作して

設備資金の相談してきました。

次はビルの内装とファサードといわれるお店の正面の顔ですね…

店舗設計とデザインの会社さん数社に声を掛けて見積もりの依頼をしました。

会社選びはネット中心ですがやはりデザインが売りの会社さんは

見積もり金額も高く漠然と考えていた予算とは程遠い高額となってしまいました。

ショウケース(フラワーキーパー)も同時に見積もり依頼をしました

サイズは約3mの幅で奥行きは1.1~1.2mの現在プントで使用しているサイズです。

大体の金額は予想していましたが今回は友人の花屋さんに紹介していただいた

会社さんが一割近くお安かったのでこちらの会社さんに決めました。

(もう一度現地での細かい調査しないと正確な金額は出ないとのことですが…)

内装はなかなか決まらないし格安の工務店さんに依頼しようかとも考えていたのですが

川口の設計会社さんが何とかギリギリ許容範囲の金額で見積もりを出してきたので

そこの設計会社さんに依頼する事にしました。

レイアウトは自分で考えているのでそれをPCで作り直していただいて

ファサードのデザインは可愛い感じのシンプルな雰囲気になっていると思います。

あと「アレンジメント用の冷蔵ショウケース」(アレンジキーパー)なんですが

業者さんに作ってもらうと特注となってしまう為(業者談)

かなりの高額となってしまうから今回は既製品のケーキなどの販売用のショウケースを

ネットで購入するつもりです。

あとエアコンですね…

内装業者さんが段取りしてくれないとどうにもこうにも進まないのですが

見積もりに入っていないのでこちらからも業者を探して見積もりの依頼の最中です。

あと物件の契約の前に「申込み」をしなくてはならず

まずは物件を借りたいですと申込みをしてそれが通ったら正式に契約に進みます。

ですが借りるのに少しでも条件を良くしたいし家賃ももう少し交渉したい

大家さんにしていただきたい工事もあるし…

(外壁などもかなり傷んでいますしポストの移設や扉の鍵など…)

あ、でも外壁はタイル張りでいい感じにレトロ感が出ていてかわいいと

個人的には思っていますし周りの評判はいいです!

あと、テント!

開閉式のオーニングというテントが既に取り付いています!!

(これはありがたいです)

古いですが稼動するしテントの生地を張り替えるだけで使えそうです。

先月プントのオーニングも張り替えたので今回もその業者さんに見積もりの依頼をしました。

6メートル位ある長いテントですが一箇所だけなのでプントよりは安く仕上がると期待です!

生地の色を選ぶのも楽しみですね~

以上の事が同時進行していて頭もこんがらがりますが

一つ一つクリアして次の段階へ進みたいと思います。

現場からは以上です!!

おすすめ記事

  1. Brassica oleracea 葉牡丹
  2. QOL 生活の質
  3. Flower fishing お花釣り用の「お花パック」の作り方…
  4. 全国フリージア生産者協議会に参加しました

関連記事

  1. Friendly 優しい
  2. Christmas クリスマス
  3. 卒業シーズン突入です
  4. 消失
  5. The typhoon is over again また台風一過…
  6. 7月入ってすぐの猛暑や台風って
  7. Good shop 花屋にも色々なお店がありますよ
  8. QOL 生活の質

PUNTO.Calendar

9月 2021
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
« 8月   10月 »

MORINDA ONLINE SHOP

PUNTO.facebook

twitter


  1. a visit to a grave
PAGE TOP