Strong shock

先日お届けしたお店からお花の回収の依頼がありました。

日中に行ったのですが当店の生花スタンドとか大小のアレンジメントや

ハナタバがそのままの状態になっていました。

約一週間たっていますしこの時期だからお花はかなり傷んでいました

しかし、大きなアレンジメントの中のお花がまだキレイな状態なのが何輪もあり

「えー!とても花持ちがいい花もあるんだな~」って感心して見ていたら

お店の方が「出来たらすべて引き上げて欲しい」との事だったので

その花持ちのいいアレンジメントも一緒に回収しました。

そしてお店に持ってきてお花の処分をしていたらなんと!

その花持ちのいいアレンジメントには「生花」と「造花」がミックスされて作られていたのです!

お客様からのご依頼か製作した花屋さんの独断の判断なのか・・・

でも花屋が勝手にアレンジメントに造花入れたら大問題になってしまいそうですし

お客さんの意向なんでしょうね

この季節は生花のアレンジメントは日持ちがしないしボリューム感も

出せる花材が少ないので、なるほど分からなくもないですけど

花屋側からしたらあまりやりたくない仕事ではないでしょうか、

(そんな発想は今までありませんでした)

お客様に頼まれたら何でもやるのがプロなのか、

プロだからこそプライド持ってそこは断るか

別の提案とかして対応を考えるのがプロなのか、

色々意見も割れるところだとは思いますが・・・

夜のお店のお花の依頼なら硬い頭ではなく柔軟に対応するのが良いのかもしれないですね!

今回はちょっと衝撃的な事だったのでついブログにアップしてしまいました

もしかしたら知り合いの花屋さんの仕事かもしれないのです(笑)

おすすめ記事

  1. Flower fishing お花釣り用の「お花パック」の作り方…
  2. 全国フリージア生産者協議会に参加しました
  3. Brassica oleracea 葉牡丹
  4. QOL 生活の質

関連記事

  1. Manager’s diary 店長日記
  2. 二回目の夏休み前編
  3. Little Cub 小さいけれど偉大な単車
  4. PayPay ペイペイ
  5. Various customers 色々なお客様
  6. Gifts for artists
  7. 「特技はピアノです」って憧れ
  8. 店長ツーリングに行ってきました

PUNTO.Calendar

2月 2021
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28       
« 1月   3月 »

MORINDA ONLINE SHOP

PUNTO.facebook

twitter


  1. H・D FLSTC 1584
  2. Olympics canceled
  3. Spring flowers
  4. Live happily
PAGE TOP